医療関係者向け

看護部リスクマネージメント委員会

目的

独立行政法人国立病院機構南九州病院看護部リスクマネージメント委員会(以下「委員会」という)は看護業務がヒヤリハット事例及び医療事故に関わることが多い現状より、医療安全を推進することを目的とする。

活動内容

  1. 委員会は、次に揚げる事項の活動を行う。
    1. ヒヤリハット事例の検討
    2. 具体的な事故防止策の立案及び実施ならびにマニュアルの作成
    3. 看護職員に対する医療安全の教育の実施
    4. 実施した事故防止活動の検証及び評価
  2. 委員会で解決できない病院全体にかかる事項においては、看護部リスクマネージメント担当師長を通しリスクマネージメント部会へ提言することとする。

平成20年度 看護部リスクマネージメント委員会年間計画

目的

看護業務における事故の予防に努め、安全な看護の提供をめざす。

目標

  1. ヒヤリハット事例の検討により問題点を明確にでき、具体策の実施にリーダーシップがとれる。
  2. 具体的な事故防止策の立案及び実施ならびにマニュアルの作成ができる。
  3. 病棟スタッフに医療安全の教育の実施ができる。
  4. 実施した事故防止活動の評価ができる。
平成20年度看護部リスクマネージメント委員会年間計画
内 容 ね ら い
5月 委員会の活動方針
年間計画の提示
委員会の目的、活動方針等が理解できる。
委員の役割が理解できる。
当院のヒヤリハット報告の現状把握と分析の方法がわかる。
6月 ヒヤリハット事例の分析方法の演習 ヒヤリハット事例を用いて分析し、具体的対策を明確にできる。(グループワーク)
改善点が見いだせるヒヤリハットの書き方を指導ができる。
7月 内服のヒヤリハット事例の検討 ヒヤリハット事例から内服に関するヒヤリハットの原因や誘因を明らかにし具体策を見いだせる。(グループワーク)
病棟のヒヤリハット(内服)事例をグループワークの学びを通して分析できる。(課題)
9月 自病棟のヒヤリハット事例からの具体的対策の明確化 課題で分析した結果を基に、具体的対策を導きだす。(グループワーク)
具体策を自病棟で実践する。(1月発表予定)
10月 注射のヒヤリハット事例の分析方法の演習 ヒヤリハット事例から注射に関するヒヤリハットの原因や誘因を明らかにし具体策を見いだせる。(グループワーク)
病棟のヒヤリハット(注射)事例をグループワークの学びを通して分析できる。(課題)
11月 自病棟のヒヤリハット事例からの具体的対策の明確化 課題で分析した結果を基に、具体的対策を導きだす。(グループワーク)
具体策を自病棟で実践する。(1月発表予定)
12月 リスクマニュアルの見なおし(内服・注射) 内服・注射ヒヤリハットの現状から改訂すべき内容の検討ができる。
1月 発表会 内服・注射に関する具体策の効果を評価する(チェック表の作成や業務改善など)
2月 各病棟の年間評価と反省 年間のまとめ
3月 次年度計画 次年度の活動計画の検討ができる

院長雑感

交通アクセス

トップへ戻る